医療脱毛のデメリット

医療脱毛とはどんなものか

脱毛には、脱毛クリームやワックスを塗布する方法や、光照射による方法など、様々なメソッドがあります。こうした脱毛方法は、脱毛サロンなどで広く採用されているでしょう。中でも効果が期待できる療法は、医療脱毛です。医療脱毛の中心となる療法は、医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛は、脱毛したい部分にレーザーを照射し、毛根の機能を半永久的に不全に陥らせるという方法です。レーザー照射の出力を調整することが可能なので、ムダ毛の種類や面積によって照射量をコントロールすることができます。施術をうければ、ムダ毛が再生する可能性が低く、永久脱毛を望む人に人気があると言えるでしょう。ただし、医療レーザー脱毛は医療行為であり、医師免許を持つ者しか実施することができません。

医療脱毛のデメリットと対策

医療レーザー脱毛は、肌が熱くなったり痛みを伴ったりすることが、デメリットと言えるでしょう。特に太くて濃い毛の脱毛は必要な照射のエネルギーが大きく、脱毛効果が期待できるものの、肌が受けるダメージも小さくありません。医療レーザー脱毛は、専門的スキルを持つ美容皮膚科の医師が行う医療行為であり、安心して任せられるとはいえ、肌のダメージや痛みを免れられない点は事前の説明が必要となるでしょう。肌のダメージや痛みを抑えるため、様々な工夫が凝らされています。たとえば、冷却ファンをセットしてレーザーを照射する皮膚を冷却したり、麻酔薬を投与したりします。このような対策によって、医療レーザー脱毛による肌のダメージや痛みは、かなり改善されていると言えるでしょう。

神奈川県の横浜で脱毛を依頼することができます。顔や腕、足など希望に合わせた部位を脱毛可能です。もちろん全身脱毛もしています。